給湯器のトラブルによる水漏れ

台所などにある給湯器から水が漏れてしまっている場合には、台所の床の破損を防ぐためにできるだけ早く給湯器 修理を完了することが必要です。また、給湯器が屋外に設置されている場合も、不完全燃焼やガス漏れなどの危険性があるため、修理業者へ依頼しましょう。

■給湯器のチェック

給湯器からの水漏れの場合には、パイプ部分のネジの緩みなどを確認してみることが必要です。ネジの緩みを解消すれば水漏れが直ってしまうことも考えられます。ネジを締めなおす場合には正しい道具を使わなくてはなりません。また締めすぎてしまうと給湯器の破壊につながってしまうこともありますのでその点は注意が必要になります。


■給湯器の交換が必要になる場合

給湯器の劣化によって水が漏れてしまって居る場合には給湯器の交換修理が必要になります。給湯器の交換修理では、設置方法が誤っていると重大な事故を引き起こす原因になりかねないため、修理業者へ依頼する必要があります。
給湯器の耐用年数は10年前後のため、耐用年数に近づいたらメンテナンスや交換をしておくとトラブルに会う可能性も少なくなります。メンテナンスをしっかりとしておかないとあっという間に給湯器にトラブルが起きてしまいます。


■まとめ
給湯器からの水漏れトラブルが起きている場合にはまずはネジなどの緩みを確認することが必要です。給湯器が壊れてしまっている場合には、給湯器の交換修理をしなくてはなりません。作業は自力で全て行うことは難しいので、専門の業者に工事を代行してもらうべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ